メラニン サプリ

メラニンと聞くとシミやほくろの原因と思われがちで、厄介なものとして認識している方も多いですが、実際は身体を紫外線や日焼けから守ってくれるなくてはならない重要なものです。黒色メラニンと肌色メラニンの2種類があり、人種によって比率が違います。黒色メラニンが多い人は肌や目、髪の色も黒く、肌色メラニンが多い人は比較的肌が白いです。どちらにしてもメラニンが必要以上に増えると、体内に残ってしまいシミやほくろができやすくなってしまうので、増やさない・減らすということが大事になります。

 

メラニンを増やさない・減らす方法として効果的なものは…
@紫外線を防ぐ:日焼け止めを塗るのはもちろん、それに日傘や帽子、サングラス、長袖の服などをプラスすることで より効果がアップします。
A肌のサイクルを整える:日焼けや年齢、肌への摩擦など外側からの刺激を減らすのも大切ですが、不規則な生活やストレスなどでのホルモンバランスの乱れなど身体の内側からケアする事も必要です。
Bビタミンをたくさん摂る:肌に良いとされるビタミン。その中でもビタミンCはメラニンの吸着を抑制するので、日焼け対策には 欠かせないものです。果物に多く含まれているので生のまま食べたり、ジュースやサプリメントなどで 日常の中で手軽に摂り入れることができます。

 

そのほかにも十分な睡眠、ストレスのない生活なども効果的ですが、体内からメラニンの増加を防ぐサプリメントもたくさん種類がありますので、自分に合ったものを見つけて活用してはいかがですか?

 

 

ロスミンローヤルの特徴

夏の間に浴びた紫外線が作りだしたメラニンが、1〜2か月後の秋ごろに肌の表面にあらわれいろいろなダメージをもたらします。感じなくても肌の内側ではシミになろうとしているメラニンがたくさん潜んでいます。ロスミンローヤルはシミが外に出る前に、肌を整えながらシミを薄くするようサポートしてくれるサプリです。新陳代謝を整える9種類の生薬によって冷え性や肩こりなども緩和されるので、血流も良くなり美肌効果にもつながります。さらに、肌に良いとされるビタミン類やアミノ酸が豊富に配合されているので肌の内側からもしっかりアプローチします。

価格 1,900円
評価 評価5
備考 9種類の生薬・ビタミン・アミノ酸

 

 

マスターホワイトの特徴

女性は何歳になっても若く見られたいし、若々しくいたいものです。しかし実年齢より上に見られたり、肌に透明感や潤いが減っていると悩んでいる方がほとんどです。マスターホワイトはそんな悩みを解決できるよう品質にこだわって開発されたサプリです。肌の透明感を持続するために美容に良いとされるものを厳選して配合。特に、食事で補うことの難しいアスタキサンチンは、コエンザイムQ10の約1,000倍とも言われる美肌にとって欠かせない成分です。透明感・肌のキメ・潤いすべてに効果的な成分が1日4粒にぎゅっと凝縮されています。

価格 6,480円
評価 評価4
備考 アスタキサンチン

 

 

インナーロック\の特徴

シミにも紫外線によるシミ、加齢によるシミ、ニキビや傷などで出来るシミなどいろいろあります。いずれも美白の化粧水やクリームなどを塗るのも効果があるとされていますが、内側からケアして薄くすることも大切です。インナーロック\は内側から活性した脂質を取り除き自らの力で美白へ導くサプリです。独自に開発したブランノールという成分を配合することで、肌本来のパワーを発揮しクリアな肌を生み出します。化粧品会社が開発したこともあって肌に対する知識も高く、シミやくすみ、しわまでも予防できる事ができるので多くの人がお飲み頂いています。

価格 6,696円
評価 評価3
備考 独自開発成分ブランノール

 

メラニンが増える原因は?

 

女性ホルモンというのは、女性にとってとても重要なホルモンになっているのですが、この女性ホルモンがシミの原因になってしまうこともあります。この女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンに分かれているのですが、この2つのホルモンのバランスが乱れてしまうと、メラノサイトが活発になり、メラニン色素が生成されやすくなってしまうということもあるのです。そして、メラニン色素が増えることによって、シミになってしまうケースもあります。

 

黄体ホルモンというのは、排卵を促し、応対を作り出して、プロゲステロンと言われるホルモンを分泌させやすくします。プロゲステロンというのは、受精卵が円滑に着床できるようにするためのホルモンになっています。そして、卵胞ホルモンというのは、卵胞自体の成長を促していきます。

 

妊娠をしている時や出産して暫くの間、一時的にシミができてしまったりするということもあるのですが、出産が終わってしばらくすると、シミがだんだん薄くなっていき、最終的に解消されるということが多いです。この他にも、閉経をしてしばらくして、ホルモンバランスが安定してきてからシミが消えやすくなるということもあります。ただし、閉経するくらいの年齢になってくると、それだけ年齢も重ねているということになりますので、新陳代謝が弱ってしまって、シミが残り続けてしまうことも少なくありません。

 

メラノサイトがメラニン色素の生成を命令しているのですが、このメラノサイトの活動を促しているのが、メラノサイト刺激ホルモンと言われるものです。このメラノサイト刺激ホルモンは、脳の一部である脳下垂体から分泌されており、このホルモンによって、メラニン色素を活発に作り出すようにしているのです。ただし、メラノサイト刺激ホルモンというのは、常に分泌されているわけではありません。妊娠をしていたり生まれたばかりの時などにだけ分泌されているのです。

 

この他にも、シミができてしまう原因の一つとして、ストレスも挙げられます。大きなストレスを抱えていたり、慢性的にストレスを感じるようになると、メラノサイト刺激ホルモンにも大きな影響をあたえることになります。そのため、ストレスなどを抱えているとそれだけシミになりやすくなるとされているのです。

 

メラニンの多さが色白か地黒かを決める?

 

元々肌の色が浅黒いことを地黒といいますが、地黒の人から見ると、肌が白い人を見ると、自分も同じようになりたいと思ったりすることもあるのではないでしょうか。また、肌が黒いことにコンプレックスがあって、自分の肌の色が大嫌いだという人も少なくないのではないかと思います。男性であれば、地黒だとしてもそこまで気にしないかもしれませんが、女性の場合、色白になりたいと考える人は多いでしょう。

 

自分から率先して太陽を浴びて日焼けをしていこうと考えるのであれば、話は違ってくるのでしょうが、日焼けをしたわけでもないのに肌が黒くなってしまっているのはどうしてなのでしょうか?生まれた時から地黒なのであれば、その肌の色というのは遺伝として受け継がれていると考えることができます。両親の肌が色白なのであれば、当然子供にも遺伝として継がれることになりますが、逆に地黒も遺伝性があるのです。

 

しかし、どうして肌の色が色白の人もいれば、地黒の人もいるのでしょうか?どのようにして肌の色が決められているのかというと、メラニンの生成量で決まるんです。肌の色が元々浅黒いということは、先天的にメラニンの生成量が多いということになります。メラニンという言葉や、メラニンとはどのようなものなのかというのはある程度ご存じの方が多いと思いますが、あまりわからない方もいらっしゃると思いますので、ご説明をしたいと思います。

 

メラニンを減らすサプリ

 

白髪ができてしまう原因というのはいくつも説があるのですが、その一つとしてよく信じられているのはメラニンが不足しているからというものです。だからといって、メラニンを増やすことを意識してしまうと、今度は肌の状態が気になってしまうのではないでしょうか?メラニンが増えてしまうと染みになってしまうと考える人が多いですし、美白化粧品でシミケアやシミ対策をしているという人もとても多いです。この美白化粧品などに含まれている美白成分というのは、メラニンの生成を阻害する働きを持っています。ですが白髪対策をするようにしていくためには、メラニンを増やしていくという矛盾が生じてしまうことになりますよね。

 

また、最近は内部からシミに対してアプローチをするために美白サプリを服用しているという人も多くなってきているのですが、美白サプリを摂取していると白髪が増えてしまうのではないかという相談も来ます。確かにメラニンという観点からだけ見ると、メラニンの生成が阻害されてしまうと白髪になってしまう可能性がないとはいえません。反対に白髪対策ができるというサプリを摂取していると、肌が黒くなってしまったりシミになりやすくなるのではないかという不安を感じている人もいるでしょう。

 

ですが、肌の色はかなり黒くなっているのに、髪の毛を見るとほとんど白髪になっている高齢者の方もいますよね。メラニンがたくさん作られていたとしても、毛髪は白髪になってしまって、肌だけが黒くなってしまうというケースは多いです。このような場合でも本当にメラニンは白髪と関係しているのか不思議に思いますよね。

 

東洋医学の場合は、そこまでメラニンを重要視しているわけではありません。この東洋医学では、メラニンやメラノサイト、細胞などに栄養を送っている血液の状態や内臓の働きの方を重要視しています。西洋医学での治療の場合は、あくまでも対症療法がメインになっているのですが、東洋医学の場合は根本療法になっています。美白な肌にしつつ黒髪を維持したいという場合、どうしても西洋医学で解決をすることは難しいのです。しっかり対策をしたり予防をしたいのであれば、西洋医学ではなく東洋医学を取り入れたほうが良いかもしれません。

 

メラニンを減らすハイドロキノン

 

ハイドロキノンといえば、美白成分として誰もが知っていますよね。では、いったいハイドロキノンにはどれほどの美白効果があるのでしょうか。シミ消しにとても効果的だといわれていますが、その理由は何でしょうか。

 

ハイドロキノンがどんなものに含まれているかというと、イチゴや麦芽、コーヒー等に含まれている天然成分です。還元作用というものがあって、実は写真の現像やゴムの酸化防止剤としても使用されているのです。還元作用というのは、酸化を抑制する作用のことです。私たちの体は、歳を重ねていくと、老化現象によってさまざまな不調が現れるようになります。これも、体が酸化する原因のひとつなのです。

 

ハイドロキノンはアメリカにおいて最もポピュラーな美容成分でもあります。日本ではその管理の難しさからか、医師の処方の元において使用することが許されていた成分だったのです。しかし、2001年の薬事法の規制緩和によって化粧品においても使用することが可能となりました。それほど作用の強い成分なのです。

 

ハイドロキノンは2つの効果を期待することができます。1つは、シミの原因となるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの作用を阻害する作用、もう1つはメラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞)そのものに働きかけて減少させてしまう効果です。一番の特徴は、これからできるであろうシミを予防してしまうだけではなく、すでにあるシミに対しても効果が期待できるということです。メラニンは紫外線等の刺激により酸化されて、黒く濃くなる性質を持っています。ハイドロキノンが持つ還元作用によって酸化を還元し、メラニンの色を薄くしていく働きもあるのです。

 

メラニン対策に!外出時にサングラスを!

 

真夏には紫外線対策は必須となります。紫外線対策としてサングラスをする人は多いことでしょう。車を運転する際は、直射日光が眩しくて運転もままならなくなります。そんな時、サングラスをかけると運転もしやすいですよね。

 

通常、運転する際にするサングラスは可視透過率が20%〜30%は必要となるそうです。20%のサングラスをしていた際、曇りの日の時はなんだかとても運転しにくかったのを覚えています。トンネルの中に入った時は、少しパニックになりそうで、それほど暗かったのを覚えています。視力にあまり自信がない方は、できるだけ30%のものを選ぶようにしましょう。

 

可視透過率というものとは別に、紫外線透過率というものがあります。これは、名前のとおり紫外線が透過する割合のことを指します。紫外線透過率の値が低ければ低いほど、UVカット効果は高くなっていきます。もしも紫外線防止効果を狙うのであれば、紫外線透過率1%未満のものがおすすめという事になってしまいますが、運転中に使用する場合はそれに加えて可視透過率も考えなければなりません。通常、運転するためには20%〜30%の可視透過率が必要となります。

 

真夏のサングラスとしておすすめしたいのがメラニンサングラスというものです。このメラニンサングラスは、紫外線380nmまでをおよそ99%もカットしてくれるものです。そして、UVだけではなく液晶モニターやLEDライトから出てくるブルー光線についてもおよそ39%カットしてくれるのです。
紫外線透過率は1%とカナリ高めであるのに値段はまあまあお手頃です。

 

基本的な部分をいうと、レンズが濃い=可視透過率は低いと思っていた方がいいでしょう。スッピンを隠すのであれば、前が見えないと思った方がいいですよ。メラニンサングラスをかけて目をきちんと保護し、その上にシミ予防までできちゃいます。これはなかなかのすぐれもののサンフラスですよね。それでいて、スッピンのまま外出できちゃうんですから。

 

メラニンは必要ないもの?

 

春になるについて気温も高くなっていき、紫外線も強くなっていきます。夏だけ紫外線対策をすればいいと思っている人もいますが、紫外線というのは4月下旬くらいからかなり強くなるのです。

 

紫外線というのは、そばがすやシミを引き起こしてしまう原因として知られているのですが、紫外線というのは。これ以外にも毛穴を広げてしまったり、たるみやシワ、ほうれい線などの原因にもなってしまうのです。さらに言えば、肌トラブルだけに留まらず、皮膚がんを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

この紫外線を浴びてしまうとメラニンが作られてしまって、シミになってしまうということは広く知られています。そのため、メラニンも美容の天敵だと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、メラニンも肌にとってある程度は必要だからこそ、作られているのです。肌にとってメラニンというのはむしろ必要不可欠な存在とも言えます。メラニンというのは、肌の奥で作られていて、紫外線が肌内部に入り込まないようにカーテンのようにガードをしてくれる存在になっています。

 

黒人は元々メラニンの生成量が多いですので、紫外線の影響によって肌が老化しにくくなっています。そのため、黒人というのは高齢なっても肌のたるみやシワ等が少なく人が多いです。しかし、白人の場合は、元々メラニンの生成量が少なくなっていますから、紫外線の影響を受けやすくなっています。そのため、高齢になるにつれて肌がたるみやすくシワやシミなどができてしまっている人が多いんです。また、白人というのはメラニンの生成量が少ないため、黒人と比べると相当皮膚がんの発症率が高くなっています。黄色人種は、白人と黒人の間くらいのメラニンの生成量になっていますから、紫外線をある程度は防いでくれます。

 

ただ、最近は日本国内でも美白化粧品が流行しており、メラニンの生成量が少なくなってしまっている人も増えていっています。確かに紫外線を浴びすぎてしまうと、それだけメラニンも増えてしまうことになりますから、シミになりやすくなってしまいますが、メラニンが少なくなりすぎてしまっていても肌の老化を進行させてしまうおそれがあるのです。ですので、メラニンというのは適度に生成されるようにしておきたいところです。