MENU

メラニンがシミを作る?シミができるまでの流れ

紫外線を浴びると肌の中でメラニンが作られシミが出来るという流れは有名ですが、詳しいメカニズムを知っているという方は少ないと思います。今回はメラニンがシミを作るまでの流れをご紹介します。

 

紫外線がメラニンを作り出すまでの流れ

 

肌が紫外線を浴びると表皮細胞のケラチノサイトが刺激され、プラスミンというメラノサイト活性因子に働きかけます。メラノサイト活性因子はメラニンを作り出す成分を分泌させ、肌の奥深くでメラニンが作りだされます。しかしここで作りだされたメラニン全てがシミになるわけではありません。通常であればメラニンはシミなる前に肌のターンオーバーにより排出され、メラニン色素として肌に沈着することなく、新しい肌に生まれ変わります。

 

メラニンがシミになるまでの流れ

 

肌のターンオーバーは正しいスキンケアはもちろん、規則正しい生活習慣や栄養バランスの摂れた食生活、適度な運動などが必要となります。これらのうちどれかが乱れてしまうと、肌のターンオーバーは正常に行われなくなり、メラニンは排出されずに肌に残ってしまいます。肌に残ったメラニンは表皮細胞のケラチノサイトに渡り、蓄積されることでシミに変化していきます。

 

シミになったメラニンは一度出来てしまうと中々消すことは出来ません。セルフケアである程度薄くすることは出来ますが、完全に消したいという場合、美容整形などの施術が必要となってきます。メラニンはシミになる前に肌から排除することが重要です。普段の生活習慣やスキンケアを見直し、正しい肌のターンオーバーを促しメラニンが溜まらない肌環境を作りましょう。