MENU

メラニン対策には保湿が重要

メラニンは肌を紫外線などの外部ダメージから保護するために作りだされるバリア機能です。ただしこれが増えすぎると肌の中に溜まってしまい、シミとなって肌に沈着してしまいます。シミになる前に正しいスキンケアをして、メラニン色素の生成を抑制しなければなりません。そのためには保湿ケアが鍵となります。

 

メラニンに保湿ケアが効果的な理由

 

メラニン色素は、シミになる前に肌のターンオーバーにより自然と排出されます。しかしこの肌のターンオーバーが正常に行われないと、メラニンは肌に残ったままとなりどんどん蓄積されシミに変化してしまいます。この肌のターンオーバーに必要なのが、肌の持つ水分です。肌本来の持つ水分はハリや美肌を保つだけでなく、内側から古い角質を剥ぎ落とす働きを持っています。しかし水分不足の肌は肌の表面にある角質を上手く落とすことが出来ず、そのまま溜めてしまいます。また水分不足の肌は肌細胞を小さくしてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまいます。これにより外部ダメージに弱い状態となってしまい、更にメラニンを作りだしやすい環境にしてしまうのです。このような状態を防ぐためには、肌の水分量を増加と保持する保湿ケアが重要となります。

 

メラニン対策のための保湿ケア方法

 

メラニン対策には集中的な保湿ケアが効果的です。ローションマスクを使ったり、保湿成分が豊富に配合されているスキンケアを使うなど普段のスキンケアから見直しましょう。メラニンが増えやすい日焼け後には、肌への刺激が少ない無添加のスキンケアを使い、肌に優しい保湿ケアを行いましょう。抗炎症作用のあるものを選ぶとより効果的です。