MENU

メラニン対策に効果的なスキンケア「ビタミンC誘導体」とは

近年人気を集めている注目の美容成分に「ビタミンC誘導体」というものがあります。ビタミンC誘導体は幅広い美容効果が期待出来ますが、特にメラニンに対して高い効果が期待出来ます。今回はビタミンC誘導体とメラニンについてご紹介します。

 

ビタミンC誘導体とは

 

ビタミンCには高い抗酸化作用があり、摂取することでメラニンを作り出す原因である紫外線から肌を守り、内側からメラニン対策が出来ます。しかしビタミンCは壊れやすい成分で、スキンケアには向かない成分です。そこで他の成分と配合させ、誘導体化させることで壊れにくくさせたのがビタミンC誘導体です。壊れにくいだけでなく肌の奥まで届く高い浸透力を持っています。

 

ビタミンC誘導体がメラニンに作用するメカニズム

 

ビタミンC誘導体はメラニンを作り出す作用に直接働きかけ、メラニンに対する高い効果が期待出来ます。普段からスキンケアとして使用することで、メラニン生成作用を抑制しシミが出来にくい肌にしてくれます。またビタミンC誘導体は予防だけでなく、出来てしまったメラニンを漂白する改善効果も期待出来ます。

 

一度出来てしまったメラニンは、通常であれば肌のターンオーバーにより古い角質と共に剥がれ落ちますが、生活習慣や食生活の乱れなどにより肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、いつまでも肌に残ったままでシミを作り出す原因となってしまいます。

 

ビタミンC誘導体を使用することで、肌のターンオーバーを促しながら出来てしまったメラニンを漂白することが出来ます。認可された美白成分の中で、メラニンを漂白する効果があるのはビタミンC誘導体だけです。なかなか解決出来ないメラニンの悩みには、ビタミンC誘導体がオススメです。