MENU

レーザーによるメラニン治療法

より高い効果でメラニンを排除したいという方は、レーザーによる治療法があります。今回はレーザーによるメラニン治療法をご紹介します。

 

メラニンにレーザー治療が効果的な理由

 

メラニンは肌の奥深くで生成されるもので、溜まり過ぎるとシミとなって肌に色素沈着を起こします。一度出来てしまったシミはなかなか取ることが出来ません。出来てしまう前に、その元となるメラニンを排除する必要があります。メラニンの排除のためには、肌のターンオーバーを促す栄養素の摂取や規則正しい生活習慣、充分な睡眠、メラニンに作用する成分が配合されたスキンケアの使用など様々な方法がありますが、これらは継続して行うことで初めて効果が出てきます。

 

また肌質などにより思うような効果が得られない場合もあり、気がついたらシミが出来ていたということもあります。一方でレーザー治療は、メラニン色素に強い光を照射することで直接作用し、シミを作るのを防いでくれます。

 

レーザーがメラニンに作用する流れ

 

照射されたレーザーの光は熱となり、肌の奥深くで作られたメラニンを分解します。分解されたメラニンは照射部分ごと軽い火傷状態となり、これを治すために体はかさぶたを作ります。かさぶたの下でメラニンのない新しい肌が作られ、やがてかさぶたは自然に剥がれ落ちます。

 

レーザー治療のおおまかな流れはこのようになっています。火傷状態を人工的に作るため、レーザー照射時には軽い痛みを感じます。痛みの程度は人によって異なりますが、一般的には肌を輪ゴムで弾いた程度の痛みで済むようです。レーザー照射後の肌は紫外線などの刺激を与えないように気を付け、新しい皮膚が出来るまでかさぶたが剥がれないように気をつけましょう。