MENU

日焼けした後のメラニンを増やさないためのケア方法

紫外線を大量に浴びることで、体内でメラニン色素が生成されてしまいシミとなって肌に残ってしまいます。日焼け対策をしていると言っても、紫外線量が多くなる時期はどうしても体内のメラニン生成量は多くなってしまいます。そこで今回は、日焼けしてしまった後にメラニンを増やさないための対策方法をご紹介します。

 

スキンケアでメラニン生成を抑制する

 

日焼けしてしまった肌はとてもデリケートになっています。そのまま放置しておくと、シミだけでなく様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。日焼けをしてしまった後はしっかりとスキンケアをして、日焼けダメージから肌を保護すると同時にメラニン生成を抑制しましょう。

 

メラニン生成を抑制するには、美白成分配合のスキンケアがオススメです。特に効果が期待出来るのが、ビタミンC誘導体配合のスキンケアです。ビタミンC誘導体は肌の奥深くまで浸透するように作られた成分で、メラニン色素の生成を抑制する働きがあります。日焼け後のメラニン対策にオススメの成分です。

 

体の内側からメラニン色素生成を抑制する

 

食品からメラニン色素生成を抑制する成分を摂取するのも効果的です。ビタミンC、ビタミンE、L-システインなどが、メラニン色素生成を抑制する効果があります。これらの成分が含まれる食品として挙げられるのが野菜や果物類です。他の食品との栄養バランスを見ながら、野菜と果物が中心となるような食生活を心掛けましょう。

 

十分な睡眠時間の確保

 

肌のターンオーバーに欠かせないのが成長ホルモンの分泌です。成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されるため、日焼け後は十分な睡眠時間の確保が重要となります。寝る前に体の緊張をほぐすストレッチを行ったり、体を温めてから眠るなどの一工夫をしてしっかりと眠るようにしましょう。