MENU

メラニンが増えやすい傾向はある?

メラニン色素は増えすぎるとシミに変化します。しかし人によってシミの量は異なり、同じ年齢の方でもシミが多い方と少ない方と偏りがあります。これはシミの原因となるメラニンが増えやすい傾向にあるかどうかが関わっています。今回はメラニンが増えやすいタイプの方をご紹介します。当てはまる方は注意が必要です。

 

紫外線に当たる機会が多い方

 

メラニンを作り出す大きな原因が紫外線です。紫外線を浴びた肌は、細胞を守るためにメラニンを生成しバリアを作ります。紫外線に当たる機会が多い方ほどメラニンの生成量も増え、シミが出来やすい肌環境となります。外での仕事が多い方や室外スポーツをする方など一年を通して紫外線を浴びる機会のある方は、メラニンを作らないためにしっかりとした対策が必要です。

 

乾燥肌の方

 

乾燥肌の方は肌細胞が収縮してしまい、メラニンを作り出す外部ダメージを受けやすい肌環境にあります。また出来てしまったメラニンは肌のターンオーバーにより排出されますが、乾燥肌の方は肌のターンオーバーが正常に行われず、いつまでもメラニンが残ったままの肌になり、シミが出来やすくなってしまいます。乾燥肌の方は保水と保湿を第一に考えたスキンケアが重要です。まずはいつも使っているスキンケア用品を見直してみましょう。

 

食生活が乱れがちな方

 

食生活の乱れも、メラニンを作り出す原因となります。メラニンを排出する働きのあるビタミン類は、野菜や果物に多く含まれています。これらを摂取せずインスタント食品や加工食品中心の食生活になると、メラニンが出来やすい肌環境となってしまいます。