MENU

メラニンとは

美肌の大敵であるメラニンは、肌トラブルの原因となります。しかしメラニンという言葉を知っていても、メラニンとはどのような成分であるかは知らないという方は多いと思います。そこで今回はメラニンについてご紹介します。

 

メラニンとは

 

メラニンとは色素の一種で、人間だけでなく動物や植物にも存在するものです。メラニンには2種類あり、黒色メラニンと肌色メラニンがあります。黒色メラニンの量が多くなるほど肌の色や髪の毛の色が濃くなり、この2つのメラニンのバランスにより人種により髪の毛と肌の色が異なってくるのです。

 

メラニンは体に悪いもの?

 

メラニンというとシミなどの原因になるというイメージがありますが、実は体に欠かせない成分なのです。髪の毛が加齢と共に白くなっていくのは、この2つのメラニンの生成能力が低下することが原因です。白髪対策にはメラニンの生成を促す必要がありますまたメラニンは肌にも必要な成分です。紫外線などの外部ダメージを受けると肌はメラニンを作り出しますが、これは細胞内でバリアの機能を果たしており、肌の細胞が外部からのダメージを受けないように保護してくれているのです。

 

メラニンは絶対に排除しなければならないというものではなく、白髪予防や肌の保護など美容と健康に欠かせない成分と言えます。ただし過剰なメラニン色素の生成は、シミを作り出し肌の奥深くに残ってしまいます。メラニンを全て排除するのではなく、過剰な分泌を抑制することが重要となります。