MENU

メラニンと紫外線の関係

紫外線を浴びると肌にシミが出来るというのは一般的なことですが、なぜ紫外線を浴びるとシミが出来るのかというと、メラニンが深く関係していきます。今回は紫外線とメラニンの関係性についてご紹介します。

 

紫外線を浴びるとシミができるのは何故?

 

人間は紫外線を浴びると、肌が紫外線から体を守ろうと働きかけます。肌の細胞をバリアするために作られるのがメラニンです。
メラニンは肌に悪いというイメージがありますが、実は肌を保護する役割を担っておりなくてはならない成分なのです。紫外線による炎症ダメージから体を守るために、メラニンは紫外線を吸収します。しかし紫外線を浴び過ぎると体内で作られるメラニンの量も増え、これが肌の奥深くに沈着するとシミが出来てしまうのです。

 

紫外線ダメージによるメラニン生成を増やさないためには

 

紫外線を浴びる量が増えれば増えるほど体内で作られるメラニンの量も増えていき、シミが出来やすい肌になってしまいます。紫外線ダメージによるメラニン生成を防ぐには、普段からの紫外線対策が必要となってきます。

 

まず紫外線量が増える時期は日焼け止めを活用し、肌を紫外線から守るようにしましょう。紫外線量が増える時期は気温も上がり汗をかきやすくなっているので、日焼け止めが流れて落ちてしまわないようにこまめに塗り直すことも必要です。また紫外線ダメージは加齢により蓄積されていきます。体内のメラニンを排出させるためには、肌のターンオーバーを促す規則正しい生活習慣と栄養バランスの摂れた食生活や適度な運動が重要です。メラニンを減らす効果のあるビタミンCやL-システインなどをサプリメントから摂取するのも効果的です。体の内側から紫外線対策をし、メラニンを減らすようにしましょう。