MENU

メラニンにはビタミンCが効果的

メラニン対策をしたいけれどどんな成分が効果的なのか分からないという方にオススメなのがビタミンCです。ビタミンCは摂取してもスキンケアとして使っても、メラニン対策に効果が期待出来ます。

 

体の内側から効果が期待できるビタミンC

 

ビタミンCには高い抗酸化作用があり、メラニンを作り出す大きな原因である紫外線から肌を守る効果が期待出来ます。ビタミンCは、体の内側から日焼け対策が出来る成分と言えます。紫外線量が気になる時期は、ビタミンCをたくさん摂取することで紫外線から肌を守ることが出来ます。ビタミンCが多い食品として挙げられるのが、赤ピーマンや黄ピーマン、トマト、キウイ、いちごなどの緑黄色野菜と果物です。ビタミンCは熱に弱いという性質を持っているので、生で食べることをオススメします。

 

スキンケアとしてのビタミンCの働き

 

ビタミンCは熱に脆く弱い成分のため、スキンケアとして使うには不向きな成分です。しかし他の成分と配合させることで、肌に塗っても壊れずに効果が発揮出来るように作られたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には、出来てしまったメラニンを薄くする還元作用とメラニン生成を予防する2つの効果が期待出来ます。美白成分はメラニンの生成を抑制する予防効果がほとんどですが、ビタミンC誘導体は出来てしまったメラニンを漂白する作用もある優れモノです。改善と予防、2つの効果が期待出来るビタミンC誘導体は、メラニン対策に積極的に使っていきたい美容成分です。