MENU

メラニンは悪いものではない?肌に必要なメラニンの働き

メラニンというと肌に悪いものというイメージがありますが、メラニンはシミを作り出すだけの成分ではなく、肌を守るための働きを持っています。今回はメラニンの持つ働きについてご紹介します。

 

紫外線などの外部刺激から肌を守る

 

メラニンはメラノサイトという表皮の部分で生成されます。紫外線などの外部刺激を受けると、メラノサイトからメラニンが作られます。メラノサイトから作られたメラニンは、表皮細胞でバリアを作り出し、肌細胞が外部刺激により壊れないように未然に防ぎます。肌細胞が正常に働かなくなってしまうと、肌細胞は縮小してしまい肌の間に隙間を作ってしまいます。このような状態が続くと、肌本来のバリア機能は働かなくなってしまい、更に外部ダメージから弱い肌環境となってしまいます。

 

皮膚がんの発生を防ぐ

 

メラノサイトから作られたメラニンは、紫外線を吸収する働きがあります。この働きにより紫外線から肌を守ります。紫外線を大量に浴びることにより肌のDNAが破壊され、皮膚がんを引き起こししまいます。

 

皮膚がんは肌の表面に腫瘍となって表れ、場合によってはリンパ節に転移してしまう恐れもある病気です。これを未然に防いでいるのが肌を守っているメラニンの働きです。メラニンが正常に分泌されることで、皮膚がんの発生は未然に防がれています。

 

このようにメラニンは美容や肌の健康に欠かせない働きを担っている重要な成分なのです。ただし増えすぎると肌に溜まってしまいシミの原因となってしまうので、メラニンが必要以上に溜まらないようなスキンケアを普段から心がけるようにしましょう。